2005年01月24日

最近、腰が痛いので

最近、椅子に長時間座っていると腰が痛くなる。
もともと、私は腰が弱い。私の弱点はなんと言っても腰である。

その原因は明らかである。
小学3年生の頃、両親が子供のために家を増築して、自分の部屋を作ってくれた。
この部屋のおかげで、私は真っ暗な部屋に自分で電気をつけて入っていくのが怖くなくなった。

しかし、デメリットもあった。
部屋に置かれたベッドが柔らかすぎたのである。
結果、私は成長してから腰痛が持病となった。

そういう訳で、今日は、曹渓路のIKEAに、腰に優しい椅子を探しに出かけた。
座面が前に傾いて、膝で体重を半分支えるような形の椅子(バランスチェアというらしい)がほしかった。
上海にあるだろうか?


果たして、発見できなかった。
人間工学は中国にはまだ入っていないのか?

そういえば、こちらでは最近「人性化」(renxinghua)という言葉が結構はやっている。
新聞でも、しょっちゅう見かける。

これは、「人間に優しい」というか、「人間に適合した」、というか、大体そんなニュアンスで使われているようで、用法によっては、日本で言う「人間工学」に近い意味にもなる。

デザインの良い椅子はいろいろあったが、早く中国の椅子も腰痛持ちのために「人性化」してほしいと思う。



posted by 陳ゆう at 01:14 | 雑記帳 中国の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。