2012年07月07日

香港 旧尖沙咀駅の時計台


自分はグルメでもおしゃれでもないので、香港にはあまり興味がなかった。
これまで香港には何度か寄ってはいたけれど、目的は中国ビザの取得とか、その他の所用のみで、ほとんどシンセンから日帰り。用事が済めばさっさ立ち去るのみ。

かくも香港に興味のない私だけれど、今回、珍しく所用以外の目的で香港の街を歩いてみました。
行き先は、尖沙咀 (Tsim Sha Tsui)の時計台。
この時計台は、1916年に広九鉄道の尖沙咀駅の鐘楼として建設された。
鉄道駅は1975年にホンハムに移転したが、この鐘楼はそのままここに残された。

clock.jpg

場所は、ペニンシュラホテルの向かい側。
時計台のすぐ先はスターフェリーの埠頭。
香港海峡を挟んだ対岸に見えるビルは、香港島セントラルの高層ビル街。

この時計台の海側の壁面を見ると、

clock2.jpg

石造の外壁に、ポチポチと、セメントを詰めた跡が見える。
もう少し拡大すると、こんな感じ。

clock3.jpg

clock5.jpg

これは何かというと、イギリス軍の日本軍に対する砲撃の跡。

1941年12月8日の午後、日本軍は中国広東省から深圳河を渡って香港に侵攻した。5日間の戦闘を経て、九龍半島は日本軍の手に落ちる。
英国軍は九龍半島を放棄し、香港島に後退して防戦した。
その戦闘の跡がここに残っている。

clock4.jpg

今は日本人観光客もあふれるスターフェリー埠頭(上の写真)。
当時は、こちら側に日本軍、対岸に英軍が陣取り、砲弾を打ち合った。
日本軍が深圳河を越えてから18日目、12月25日のクリスマスの日、英軍は降伏し、香港は日本の占領下に入った。
日本による占領はこの後3年8カ月続く。

70年ほど前のこと。

さりげなくこういう痕跡が残っているのが、なんだか不思議。






【旅の記録 その他の街の最新記事】
posted by 陳ゆう at 21:30 | 旅の記録 その他の街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。