2013年05月11日

西夏王陵 2 銀川からの行き方


銀川市内から西夏王陵への行き方について、まとめておきます。

(オンシーズンにいく場合)

5月〜10月初旬の観光シーズンには、銀川市内の新月広場から西夏王稜まで、観光客用のバスが運行されている。平日は午前に1往復(往路9時頃、復路12時頃、正確な時間は要確認)、週末は午前午後それぞれ1往復づつある。料金は片道8元。所要時間は1時間以上。
運行期間は年によって違うので要確認。下の写真の看板に問合せ電話番号が書いてあるので、クリックして拡大してみてください。

ikikata1.jpg


(オフシーズンに行く場合)

オフシーズンに西夏王陵に行く方法を2つあげておきます。

1.タクシーの利用

観光用のバスが運行されていない期間に西夏王陵に行く場合、市街地からタクシーで西夏王陵まで行き、帰りは現地の駐車場にたむろしている白タクで市街地まで戻ってくるのが無難な方法だと思います。料金は片道100元が言い値。カルテル価格なので交渉しても多分まかりません。バスで片道1時間以上かかる道程なので、観光地価格としてはまあ許せる範囲ではないかと思います。

2.17番の路線バスで途中まで行く方法

「地球の歩き方」には、町外れの「西夏広場」からタクシーで10元程度で西夏王稜まで行けると書いてあります。私はこれを信じて「西夏広場」まで行きました(なお、銀川には「西夏広場」とは別に「西夏公園」というのもあり、紛らわしいので要注意)。
市街地から西夏広場まで17路の路線バスで1時間と少し。2元。途中で退屈して居眠りしているうちに、終点の西夏広場に到着。

ikikata2.jpg

ところが、西夏広場の周囲は林や果樹園や平野が広がっているだけで、流しのタクシーなどどこにもいない。「終点です」と有無を言わさずバスを降ろされたあと、しばし呆然としてしまった。
ここから西夏王稜まで歩いていくか・・・。地図上で測ると西夏王陵まで約7.7km。新宿駅から目黒駅までの距離に相当する。歩くにはちょっと遠い。
西夏王陵への道路はこんな感じで、写真で見ると林の中の散歩コースのように見える。しかし実際は、大型トラックがびゅんびゅん走る歩きにくい道です。危険です。そのうえ、ひたすら真っすぐで、景色の変化もほとんどない。

ikikata5.jpg

いっそのこと乗ってきたバスで市街地に戻り、タクシーを拾って出直そうかと思っていたところに、対向車線を1台の空車のタクシーが走ってくるのが見えた。ダッシュで道を渡りながら大きく手を振って止めた。
西夏広場のバス停の200メートルくらい先に人民解放軍の空軍基地があり、軍関係者を基地まで乗せてきた帰りの車らしい。

西夏王稜に行きたいというと、OKとのこと。吹っかけられることもなく、ちゃんとメーターを倒して目的地まで連れて行ってくれた。平原の1本道をぶっとばして5分程度。運賃はメーターでは13.3元。請求は13元。観光地のタクシーとは思えない良心的な仕事ぶりである。
もっとも、西夏王稜の駐車場で私と入れ替わりに乗車した中国人夫婦は、西夏広場まで20元だと言われていた。私は路上で乗ったので観光客価格にならなかった、ということのよう。

なんとかたどり着くことができました。

お金を節約するには、この17番の路線バスとタクシーを併用する方法がよろしいかと思います。
以下、少し詳しく説明を書いておきます。

17路のバスは東西に長い銀川の市街地を横切って走るので、いろいろな場所から乗車できる。私は、繁華街の「新華百貨」というバス停から乗車しました。

ikikata3.jpg

ikikata4.jpg

17路の路線図は下のリンク参照。

http://yinchuan.8684.cn/x_4177a33a

17路のバスを終点の西夏広場で降りたら、その先は公共交通機関はありません。タクシーか徒歩かヒッチハイクになります。お勧めはもちろんタクシー。しかし、流しのタクシーなんてここにはいません。

バスを降りたらそのまま直進すると、突き当たりに空軍基地の正門があります。その門の手前で、軍関係者を乗せてきたタクシーの帰りの空車を待つのがよろしいと思います。
空軍基地のまん前なので、ボーと立っているだけでも、兵隊がガンを飛ばしてきます。間違っても、カメラを出して周囲の景色など撮影しないように。
Google mapで見ると、空軍基地は地図には出ていませんが、表示を写真に切り替えると滑走路が写っています。



なお、待っていても、必ずタクシーがつかまるとは限らりません。その場合は、ヒッチハイクをするか、覚悟を決めて徒歩で向かうことになります。徒歩は・・・かなりつらいと思います。7.7kmという距離はともかくとしても、大型車が多く、歩きにくい道です。


帰路:西夏王陵から市内への帰り方

帰りは、西夏王陵の駐車場にたむろしている白タクと交渉して20元で西夏広場まで乗せてもらい、17路のバスで市街地に戻るのがお勧め。

ただし、西夏王陵で客待ちをしているタクシーや白タクは、全員が銀川市街地への長距離(カルテル価格は100元)の客を狙っているので、中途半端な西夏広場まで行ってくれる車が見つかるかどうかは微妙。
もしも見つからなかったら、通りまで出てヒッチハイクか、または、徒歩で西夏広場まで戻るしかありません。

西夏広場までの短距離を走ってくれるタクシーが見つからなかったら、すなおに100元払って銀川市街地まで送ってもらうのがよいと思います。バスで1時間以上かかる距離なので、日本円で1250円程度ならば許せる範囲でしょう。中国人観光客を載せるときの価格も同じ100元です。


補足:銀川空港の空港バスについて

銀川空港と市街地を結ぶバスについて書いておきます。
銀川河東空港は市街地からはかなり離れているが、飛行機の便にあわせて都心部の南門広場の近くの民航大厦からバスが出ている。20元。30分に一本程度。所要30分くらい。
空港から銀川市内に向かう時は、到着ロビーから外に出て左端にバス乗り場がある。このバスは、飛行機がある限り深夜でも運行される。中国のBBSを見ていたら、飛行機が遅延して銀川空港に深夜1時30分に着いたが、バスはちゃんと待っていた、と書いてありました。

machi8.jpg

銀川の空港の名称は「銀川河東空港」。この「河」は黄河のこと。銀川に着陸する飛行機は、黄河の上で90度旋回して、黄河に沿って空港に向かう。

machi14.jpg

河東空港と市街地の間で、黄河にかかる橋を渡る。水の色はこのあたりですでに茶色い。

machi15.jpg



posted by 陳ゆう at 00:07 | 旅の記録 西夏王陵 / 銀川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする