2013年02月10日

「大回り乗車」について (JR自動改札機の時間制限)


中国とは関係ない話題ですが。

電車は、読書に最適な環境だと思います。適度な騒音が集中力を高めてくれます。
休日にひとりで集中して本を読みたいとき、ときどき実行しているのが「大回り乗車」。

東京や大阪などの大都市近郊区間では、実際の乗車経路にかかわらず、乗車駅と降車駅の最短距離で計算した料金で乗車することができます。ただし同じ駅を2度経由してはだめなので、うまく経路を選択して一筆書きのように乗車する必要があります。

例をあげると、新宿から山手線で渋谷まで行くと150円。
同じ150円の切符で、
新宿>八王子>橋本>茅ヶ崎>品川>渋谷
と乗車することもできるわけです。

この「大回り乗車」をするとき、ちょっと面倒なのが、旅の最後に自動改札を出ようとすると、タイムアウトでゲートが開かないことがあること。
JRの近距離切符は発売当日中は有効です。しかし、入場してからの経過時間が券面金額に比して長すぎると、不正乗車のチェックのために自動改札機のゲートが閉まり、有人改札に誘導される仕組みになっています。

JRは具体的な時間は公表していませんが、多くの人の体験談から推測するに、150円の切符ならば3〜5時間程度。設定は駅ごとにおこなうので一定していないとのことです。設定されていない駅もあります。

「大回り乗車」が原因でタイムアウトになり自動改札のゲートが閉まっても、有人改札は問題なく通れます。駅員に「大回り乗車」であることを説明すればよいだけです。

ただ、この説明、なんとなく気が引けます。合法は合法でも、数百キロ乗車して130円しか払わない、ということで、なんとなく気が引けるわけです。
ブログなどを見ていると、同じような気後れを感じている人、多いようですね。

そこでなんですが、
「自動精算機」
を使ってみてはどうでしょうか。

私が知る限り、「自動精算機」でタイムアウトになった経験はないです。
130円の切符を買って長時間の大回り乗車をした後、150円区間の駅で降りて、「自動精算機」に切符を入れると普通に精算できます。精算券を自動改札に入れて、あっさり出場できます。
自動精算機には時間制限が設定されていないようです。

「大回り乗車です」と遠慮がちに説明する必要がないのは気が楽です。

ちなみに、
「大回り乗車は合法なんだから、遠慮などしなくていいだろう」
という意見がありそうですが、まあ、個人の感じ方の問題ですから。

〜〜〜〜〜〜〜

さて、今回の「大回り乗車」の記録を。

集中して読みたい本があったので、東京、埼玉、栃木、群馬、埼玉、と、一都三県にわたる小旅行をしてきました。

新宿 > 赤羽 > 小山 > 高崎 > 高麗川 > 八王子 > 中野

です。

新宿から赤羽までは埼京線。
赤羽から小山までは宇都宮線。
小山から高崎は、両毛線。
高崎から八王子は八高線。
八王子からは中央線で帰ってきます。

このルートで旅気分が味わえるのは小山から。
小山から両毛線に乗ると、栃木、伊勢佐木、足利など、旅行っぽい駅名に遭遇します。桐生を出発したあたりで、歌にもなった「渡良瀬川」を越えます。

2時間程度で高崎に到着したら、この旅程のメインである八高線に乗り換えます。
八高線のホームは場所がわかりにくいのですが、4番線ホームの先っぽに、付け足しのように細く飛び出している3番線が八高線のホームです。

omawari (9).JPG

このホームには立ち食いそば屋もあります。
途中の駅で出札できない「大回り乗車」では、食事は駅弁か立ち食いそばになります。高崎では有名な「だるま弁当」を買ってもよかったのだけど、この日はホームでキノコそば(350円)を食べました。結構おいしかったです。

omawari (10).JPG

高崎を出発すると、次の駅は倉賀野です。
ちなみに、高崎駅と倉賀野駅の間は八高線と高崎線が併走しています。大宮方面から高崎線で来て八高線に乗り換えるルートをとる場合は、終点の高崎駅まで行ってしまうと「高崎・倉賀野間」で乗車駅・乗車路線が重複するので、「大回り乗車」が成立しなくなります。
したがって、必ず、一つ手前の「倉賀野」で乗りかえる必要があります。

omawari (11).JPG

八高線から見える景色は、日本の原風景。都会育ちの私でも、こういう景色を見るとなんだか気持ちが和みます。

omawari (1).JPG

omawari (2).JPG

八高線では、車掌さんが検札(正確には車内改札というらしいが)に回ってきます。
群馬県を走行中の車内で「新宿130円」の切符を出すのは、ちょっとどきどきしますが、全く問題ありません。「大回り乗車です」と告げれば、検札印を押して返してくれます。

ちなみに、私は、下のような乗車経路図を作って持参しています。Yahooの路線検索画面をキャプチャして切り貼りして作成したものです。自分の覚えのためでもあるし、車掌さんや駅員さんに「大回り乗車」であることを説明するときにも役立ちます。

keirozu.jpg

途中の高麗川駅で、川越方面からきた電車に乗り換えます。
八高線の緑のディーゼル車両とは、ここでお別れです。

omawari (3).JPG

高崎から合計2時間程度で八王子駅に到着しました。八王子まで来てしまうと、もう普通の東京の街です。

約7時間の旅で、しっかり本が読めました。適度の騒音と景色の変化が、集中力維持に役立つんですよね。








posted by 陳ゆう at 22:00 | 雑記帳 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。