2013年08月24日

居留ビザ更新期間中の身分証明

ヤフーニュース(産経ニュース)のこの記事。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130821/chn13082122220005-n1.htm

『中国の新入管法、ビザ更新手続き長期化 外資企業に混乱も』
(2013.8.21)
中国で働く外国人やその家族の居留ビザ(査証)更新手続きにかかる日数が、7月に施行された改正出入国管理法で従来の5日以内から最長で3週間前後に延び、日本を含む外資系企業の間に混乱が広がっている。更新手続き中は国内でも航空機や列車利用、ホテル宿泊ができなくなるためで、ビジネスに支障が出始めた。(中略)

中国で外国人は、国際線のみならず国内航空便への搭乗、高速鉄道など列車への乗車、ホテルの宿泊にもパスポートの提出が求められる。

 手続きの長期化により、上海のある日本企業では、内陸部の工場で起きた事故への対応で、担当者を2週間近く現地に派遣できず、生産の一時停止に追い込まれた。また、手続きが間に合わず、一時帰国を断念せざるを得なかったとのケースも相次いで報告されている。



なんか不思議なニュースですね・・・


中国国内線の飛行機

まず、飛行機の搭乗に関しては、ちゃんと準備すればこのニュースにあるような事態は起こらないはずなんですが・・・
ビザの更新を申請した際に出入国管理局がくれるパスポート受取証(取证回执单)に顔写真をホチキスでとめて出入国管理局の割印を押してもらえば、空港のセキュリティーチェックで身分証明書として通用します。パスポートを所持していなくても飛行機に乗れます。むかしから皆そうしていますよね。
一度だけ広州の空港で係員がこの制度を知らずに手間取ったことがありましたが、最終的には乗ることができました。

この方法で飛行機に乗れることは、中国民用航空局の公式サイトにも明記されています。念のため下のページをプリントアウトして持っていけば、空港で揉めた時に役立つでしょう。
http://www.caacca.org/zcfg/zxgg/201307/t20130731_4431.html

公安出入境管理部门出具的《外国人取证回执单》不能作为有效乘机证明。但其上粘贴照片并加盖公安出入境管理部门的公章后可以作为有效乘机证明。

公安出入国管理部門が発行した「外国人パスポート受取証」は搭乗の際の身分証として使えないが、その上に写真を貼り、公安出入国管理部門の公印を押してもらえば、搭乗の際の身分証として有効である。


公安局でパスポートを預ける際に、「飛行機に乗りたい」と言って顔写真を差し出せば、係員があたり前のように手続きしてくれます。簡単です。

産経新聞の中国駐在員は、これまでビザの更新手続中は飛行機に乗らないようにしていたんでしょうかね。


ホテルの宿泊

ホテルの宿泊も、この写真と割印つきのパスポート受取証の提示でOKです。たまにフロントのスタッフがわかってくれないことがありますが、公安局に電話で確認してもらえばOKになるはずです。

ちなみに、ホテル宿泊時の身分証明については、2010年に公安部から具体的な通知が出ています。
关于对旅馆业旅客身份证件认定问题的批复 (公安部治安管理局 公治〔2010〕395号)
ここには、外国人の場合、おもに、

护照、外国人永久居留证、外国人出入境证、海员证、外国人护照遗失证明

パスポート、外国人永住証、外国人出入国証、海員証、外国人パスポート遺失証明

を身分証として使用できると規定されています。
ここには「写真と割印のあるパスポート受取証」は入っていないのですが、実質的にこれらと同等ということで認めてくれているようですね。

なお、パスポートのコピー(氏名のページと、直近の入国印のあるページ)を持っていくと、入国日と入国地点の申告に役立ちます。


鉄道

汽車の切符については、実名制になったのは最近のことなので、私自身はこの種の問題に直面したことがなく、よくわからないんですが。
下のリストは、鉄道部が規定している切符購入時に使える身分証の一覧です。

huochegoumaichepiao.jpg

「地方公安机关出入境管理部门开具的护照报失证明」でOKだと書いてあるので、これと似ていると言えなくもない「パスポート受取証+顔写真+出入国管理局の割印」でもよさそうな気もしますが。

「運転免許証」というのもありますね。こういう場合に備えて中国の運転免許証を取得しておくとよいかも。日本の免許証を持っていれば、実技試験免除の筆記試験のみで即日発行されます。大都市なら日本語で試験を受けられるところもあります。
ちなみに、話はそれますが、数年前までは香港のコンサルタント会社(中国のFビザで有名だったあの会社です)を通すと、筆記試験も受けずに中国の運転免許証を取得できた時期がありました。こうなると免許を取得するというよりも、免許を購入する、という感じですね。混沌とした面白い時代だったなあ…

領事館が発行した身分証明を鉄道公安部に持っていくと、汽車に乗るための「臨時身分証明」を発行してくれるとも書いてありますね。

こうしてみると結構なんとでもなりそうな気がするんですが、どうなんでしょう。
産経新聞さん、実際の運用等を取材してから記事にしてほしかったな。

一時帰国は・・・こればかりはどうしようもないですね。




posted by 陳ゆう at 00:38 | 雑記帳 中国の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。