2015年01月24日

中国の旧正月(春節)の日程

旧正月(春節)は中国伝統の暦法による新年。中国人にとって旧正月は1年でもっとも大きなイベントだ。
今年の旧暦1月1日は西暦でいうと2月19日。その前日の旧暦大晦日(2月18日)から7連休になる。

 >>中国の2015年祝日カレンダー

ちなみに昨年の春節休みは旧暦1月1日からの7連休だった。2015年は1日前倒しして、旧暦大晦日からの7連休。連休の日数は同じ7日だけれど、この2つには大きな違いがある。

中国でも日本と同様に、お正月は故郷に帰って、家族そろって新しい年を迎えるのが民族的行事になっている。大晦日の夜、テレビでは日本の紅白歌合戦みたいな国民的番組「春節聯歓晩会」が放送され、旧正月の午前0時になると街中で爆竹を鳴らして新年を祝う。この年越しに間に合うように故郷に帰りたいというのが普通の中国人の気持ちだ。
したがって、旧暦元旦から連休が始まったのでは、間に合わないのである。

もっとも、日本の年末年始と同様、中国でも旧正月が近付くと徐々に経済活動が少なくなっていき、旧暦大晦日に通常業務をしている一般企業はあまりない。最終日の午後に会社に電話をかけても、目指す人はまずつかまらない。
それでも、正式に祝日になっていないと休めない職種の人も少なくないのだから、「春節の休みは大晦日からにしてほしい」という要望は、中国人の間ではやっぱり強くある。

2008年から2013年まで、旧正月の連休は旧暦大晦日から始まっていた。中国人はこの連休スケジュールに慣れていて、旧暦大晦日に旅行のスケジュールを入れたり、この日に帰省するために汽車の切符をとったりする人も多かった。

異変が起きたのは2013年12月に政府が発表した2014年の祝日カレンダー。旧正月の連休開始日が一日先送りされ、旧暦大晦日は祝日ではなくなった。この政府発表から2014年の旧正月までは2か月ない。中国の一般国民にとっては寝耳に水のできごとで、飛行機のチケットの取り直しなど予定変更が間に合わない人も多かった。

ネットには政府に対する不満の声があふれた。変更するなら、せめて数ヶ月前に通達すべきではないか。そういう怒りとも呆れともとれる書き込みが、中国版ツイッターに数限りなく書き込まれた。新聞やネットのニュースサイトも、これについてはわりと遠慮せずに政府のやり方に異議を申し述べた。

さすがの政府も、反省したらしい。
昨年中に社会調査(世論調査)とネットを通じての意見聴取をおこなった。その結果、75%以上の国民が大晦日を祝日にしてほしいと希望していることがわかったとのこと。これを受けて、わずか1年にして撤回し、従前どおりに戻したのが来る2015年の春節(旧正月)の日程。
この変更について中国政府は、民意に基づく変更であると大いに自画自賛している。

確かに、民主主義の方法は選挙だけではないわけで、お上が民衆の意向を聞きつつ施政をおこなうというのも、広い意味では民主的であると言えるだろう。「共産党の、共産党による、人民のための」政治であれば、そこそこよい社会ができることだって、あり得ないわけではない。
そんなこんなで、まーうまくやっていってちょうだいね、と思う次第である。

中国政府の公式サイトにある2015年の祝日カレンダーを張っておきます。祝日のない月は省略されています。赤地は祝日。黒地は代替出勤日(振替出勤日)。カジュアルなデザインになっているのは大衆迎合化の表れか。

2015chinacalendar.jpg



posted by 陳ゆう at 01:00 | 雑記帳 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする