2015年09月02日

中国の鉄道チケットの払い戻し・変更についての規定

中国の鉄道の切符の買い方はネット上にわかりやすい説明がいくつかありますが、一旦購入した切符の変更やキャンセル(払い戻し)の方法についてはあまり説明がないようです。

中国の鉄道チケットの変更や払い戻しには細かい規定があり、また、日本にはない珍しい規定もあります。たとえば、条件付きではありますが、乗り遅れてしまった列車のチケットを他の列車のチケットに変更できたりします。

以下、中国の鉄道チケットの変更、キャンセルに関する規定をまとめてみました。

1.前提事項

まず前提として、中国の鉄道(地下鉄などの都市内交通は除きます)の切符は、すべて販売時に乗車すべき列車が決まっています。
指定席のチケットはもちろんですが、自由席・立席にあたる「無座」のチケットでも、乗車できる列車の番号が券面に印字されています。印字されていない列車に乗車することはできません(改札を通れません)。

2.チケットの変更

以下の場合は、一度に限り、乗車する列車を変更できます。

(1) 発車時刻の48時間以上前までなら、他の日時の列車に変更することができます。出発を早めることも、遅くすることも自由です。
(2) 発車時刻まで48時間以下の場合は、もとの列車が発車する日の24:00より早く発車する他の列車に変更することができます(つまり、もとの発車日の翌日以降の列車には変更できません)。
(3) 発車時刻が過ぎてしまった場合は、その日のうちに限り、当日に発車する他の列車に変更することができます。ただしこの変更はそのチケットを販売した駅の窓口でのみ受け付けます。また、この場合に限り、変更後のチケットはキャンセル(払い戻し)できません。

3.チケットのキャンセル(払い戻し)

チケットのキャンセル(払い戻し)は発車時刻まで可能です。
ただし、以下の手数料が必要です。

(1) 16日以上前(16日前を含みます)なら手数料は不要です。
(2) 発車時刻の48時間前までは5%、24時間前までは10%、24時間を切っている場合は20%の手数料が差し引かれて返金されます。

4.切符の再発行

チケットを紛失した場合、再発行してもらうことができます。
なぜこれが可能かというと、中国の鉄道の切符は購入時に身分証明書の提示が必要で、鉄道局のコンピューターに購入者の身分証明書番号(外国人の場合はパスポート番号)が記録されているため、身分証を提示することで本人確認できるからです。
ただし、改札終了時刻の20分以上前に身分証を持参して駅の窓口に申請しなければなりません。

ざっとこんな感じになっています。
わたし自身もこうやって改めて確認してみたことはなかったのですが、日本とはだいぶん違っていますね。

なお、キャンセルや変更の手続に出向くときは、少なくとも1時間の余裕を持って駅に行く必要があります。特に大きな駅では、チケット販売用の窓口(售票窗口)とキャンセル・変更用の窓口(退票改签窗口)がわかれており、キャンセル・変更窓口はたいてい販売窓口より混んでいます。30分以上並ぶことはまず確実で、1時間近くかかることもあります。
早め早めに動くことをお勧めします。

参考サイト:中国铁路客户服务中心




posted by 陳ゆう at 08:49 | 雑記帳 個人旅行について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする