2013年09月16日

Linuxでの壁越え

WindowsXPのサポート終了まで半年余りとなりました。どうするかいろいろ考えたのですが、結局、ノートパソコンにはLinuxを入れることにしました。
Linuxのディストリビューションはubuntu12.04LTS。PCのスペックが低いので、Unity2Dで使っています。MintやLubuntuもためしましたが安定せず、この構成に落ち着きました。

ところで、Linuxは、中国からの壁越えツールの選択肢が少ないので困ります。代表的なフリーの壁越えツールの多くが、WindowsとMacにしか対応していません。
ためしにWineを使ってHotspot sheildのインストールを試みましたが、ダメでした。また、Free Gateも使えませんでした。

結局のところ、Linux用のソフトウエアを使うしかなさそうなのですが、そうなると非常に選択肢が限られます。とりあえず使ってみたのは2つ。

Torは、Linux用のソフトウエアが公式に提供されています。ブラウザバンドル版で試してみたところ、正常に動作しました。しかし、中国当局のTorリレーノードに対する通信制限はあいかわらずおこなわれているので、安定性は期待できなさそうです。

「VPN Gate」は、今年3月に筑波大学のソフトイーサ株式会社がスタートさせた無料VPNの実験的プロジェクトです。PacketiX.NET セキュアインターネットサービスの後継プロジェクトという位置づけです。世界各国からボランティアのVPNサーバーを公募するゲリラ戦法をとっているので、当局とのいたちごっこでも粘りをみせてくれるかも知れません。

このVPN Gateは、ソフトイーサ社が提供しているSoftetherクライアントを使って接続するのが一番便利です。しかし、現在のところSoftetherクライアントを使ってVPN Gateを利用する際に必要なPluginはWindows版しか提供されていません。

でも大丈夫。VPN Gateプロジェクトでは、Softetherクライアントによる接続のほかに、設置数は少ないのですが、L2TP/IPsecに対応したサーバーも提供されていますこちらのサイトで、L2TP/IPsecに対応しているサーバーを探せます。サーバー一覧表の上にある「フィルタ」で、L2TP/IPsec以外のチェックボックスをはずして検索してください。

なお、ubuntuにはデフォルトではL2TP/IPsecクライアントが入っていないので、フリーウエアの「L2TP-IPsec-VPN」をインストールして使っています。
L2TP-IPsec-VPNのダウンロードと設定の方法は、こちらのサイトで詳しく解説されています。

接続設定は実に簡単。「VPN Gate」のユーザーID、パスワード、事前共有鍵(PSK)は、すべて「vpn」と単純なので、コピペの必要もなく、さくさく設定していけます。

「L2TP-IPsec-VPN」は、下のようにタスクバーに常駐します(CRTのアイコン)。Tsukuba、Canada、Japanhelloとあるのが登録してあるVPNサーバーです。マウスでサーバーを選択して、ワンクリックでVPN接続を確立できます。サーバーの切り替えも簡単迅速にできます。

2013053006122336a.jpg

とりあえず、これでしばらくしのげるかな。




posted by 陳ゆう at 22:11 | 雑記帳 インターネット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

中国を見習ってネットカフェ規制?


日本の警察がネットカフェの規制(実名登録制)を検討しているらしい。このニュースはネット規制の先進国である中国でも報道された。

http://news.qq.com/a/20110623/000793.htm

ちなみに、ネット規制先進国中国では、ネットカフェの実名登録制はずいぶん前に法制化されている。

互聯網上網服務営業場所管理条例(2002年11月15日施行)

第23条 
「インターネット利用サービス営業場所を経営する者は、インターネット接続をする消費者の身分証明書など有効な証明書類を確認し、かつ、インターネット利用情報を記録しなければならない。登録事項および記録の保存期間は60日を下らないものとし、文化行政部門、公安機関が法に基づいて照会したときは提供しなければならない。登録事項および記録は、保存期間内、修正または削除してはならない。」

ネットカフェがこの規定に違反して利用者の身分証明書データと接続記録を保存しないと処罰される。処罰の内容は、15000元(約20万円に相当)以下の罰金。悪質な場合には営業停止(第31条)。これは行政処分なので、裁判なしで、文化行政部門と公安機関が決定できる。

日本もこうなるんですかね。

ただ、中国の場合、規定があっても、必ずしもきちんと運用されないのが特徴。実態は次のような感じ。

続きを読む


posted by 陳ゆう at 00:05 | 雑記帳 インターネット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

中国ブログの作法 (ネット隠語)

ネットの世界には独特な隠語とかスラングがある。これは中国でも同じ。
中国の場合、ブログや掲示板に露骨なことを書くと当局の規制で削除されてしまうので、スラングも発達している。

例えば、「ZF」。
これは「Zheng Fu」の頭文字をとったもの。
漢字で書くと「政府」。

そのほか、よく見かけるのは「河蟹」。
河に棲む蟹のことだけど、この言葉は発音に意味がある。
発音は「hexie」。
和諧(hexie)と同じ音。

続きを読む


posted by 陳ゆう at 13:14 | 雑記帳 インターネット事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする